彼方のアストラ / Astra Lost in Space

romanesco687さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
彼方のアストラ / Astra Lost in Space
9

スケットダンスの作者が書いた異色のSF漫画

簡単なあらすじ
西暦2063年惑星キャンプで無作為に集められた9人のメンバー(ほぼ中高生)が惑星マクパに到着するなり謎のブラックホールのようなものに吸い込まれて遭難。様々な苦難を乗り越えたり仲間同士の絆を描きながら、いくつかの未開惑星を旅しながら帰還を目指す。
ブラックホールは自然にできたものなのか?人為的なものなのか?この9人であることに意味があったのか?多くの伏線がある物語。

ジャンプ掲載されていたスケットダンスの作者によるSF漫画で、SF要素(ガンダム的機械やバトル)自体はあまりなくて多くの人にとって読みやすい漫画です。
すでに完結していて全5巻と短めの漫画ながら中身はずっしりとしています。ダラダラと進むことなく1話に多くのアイデアが散らばめられていて、一気に全巻読みたくなるような衝動に駆られます。
訪れる惑星はすべて未開惑星なので次に旅する惑星がどんなところなのか?どんな生き物なのか?生態系は?等の想像しながら読み進めることができますが大抵はいい意味で期待が裏切られます。
伏線を回収するために若干無理やり感があるところもあるのですが、こんなストーリーを考え付くだけ十分凄いし楽しめます。
舞台や漫画表札がたまたまSFなだけであって中身はヒューマンストーリーとサスペンスの要素があり、ラスト5巻にはそういうことか!!!と興奮するような種明かしがあります。
あまり知名度が無い作品ですが多くの人に楽しめる作品かと思います。