King Gnu / キングヌー

kkk333さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
King Gnu / キングヌー
8

令和時代を代表する、新進気鋭バンド

常田 大希(ギター、ボーカル担当)
勢喜 遊(ドラムス、サンプラー、コーラス担当)
新井 和輝(ベース、シンセベース、コントラバス、コーラス担当)
井口 理(ボーカル・キーボード担当)
の4名からなる実力派バンド。

2019年にドラマのタイアップ曲となり、紅白歌合戦出場を果たした『白日』はこのバンドの代表曲です。
『白日』のミュージックビデオも評価が高く、是非視聴してもらいたいと思います!

常田 大希が生み出す独特の音楽性とそれを支える技術力の高い楽器隊。
その風体からは想像も出来ない広い音域を操る井口 理とバンド全体が非常に高いバランスでまとまっていてどの楽曲も癖になる良さがあります。

難しい曲が多く、ライブによっては当たり外れがある(実際に紅白歌合戦では歌い出しが苦しそうでした)という評価も見受けられますが、当たりの時は信じられないような歌唱力とバンドのグルーヴ感に震えがきます。

ミュージックステーションへ初登場した際には井口 理の破天荒な登場が一時期話題となりました。

最後に私が『白日』の他に好きな楽曲をいくつか紹介します。

まずは『Vinyl』
大人の色気と激しさを持ったロックチューンです。
ムシャクシャしてる時に歌うとスカッとします。
そしてミュージックビデオの井口 理の歩き方を真似したくなります。

『teenager forever』
ソニーのワイヤレスイヤホンのCMタイアップ曲です。
題名の通り、爽やかな曲となっています。

『it's a small world』
某テーマパークのアトラクションとは関係ありません(笑)
歌詞も素敵ですが、曲調がゆったりしていて夜寝る前によく聞いています。

『Don't Stop the Clocks』
ラブバラードです。
「貴方となら季節が巡り始める、時計の針を進めて」。
この一節が凄く好きです。

令和時代を代表する事になるであろうKing Gnuの楽器を是非、聴いてみて下さい!