THE BACK HORN / ザ・バックホーン

Atanasia_0006さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
THE BACK HORN / ザ・バックホーン
10

骨のある熱いロック!! 退屈な日常をぶっ飛ばすバイブが欲しいならコレ!

流行りのボカロやアイドルソングを追うのに飽きて、もっと歯ごたえのある曲が聴きたいな、と思う時、おすすめなのが邦楽ロック。
一昔前は海外のバンドのコピーっぽいものが多かったりしましたが、今や邦ロック界は目移りするほど個性的で演奏技術の高いバンドばかりです。
何から聴いたらいいかわからないな、というあなたにはバクホンことTHE BACK HORNを是非試してほしい。
フェスの常連なので、聴けば「ああ、これかぁ」と馴染みがあるはず。
ケロッグコーンフレークのCMに使われた「コバルトブルー」、アニメ「機動戦士ガンダム00」のエンディングテーマ「罠」、宇多田ヒカルとの共同プロデュース作「あなたが待ってる」など、グイグイ来るテンポの良い曲からしっとりしたラブソングまで、幅の広さが魅力の一つ。
ノリの良いナンバーはただ流しているだけでも心地良いけれど、バクホンの本領は何といっても歌詞の深さ。
「どうにでもなればいいこんな世界は(生命線)」「屍蹴散らして(無限の荒野)」など、リリックの一つ一つに凄まじいインパクトがあるのです。
それを歌いあげるヴォーカル山田将司の説得力ある声には、音にうるさいオジサンからエモさ命のバンギャまでノックアウト確実です。
個性的なフレーズ作りでステージアクトは暴れまわる系のギター菅波栄純のソロの水準の高さは必聴。
正確でありながら決して単調に陥らない岡峰光舟のベースのカッコ良さはロックファンならずとも唸らされるレベル。
そしてバンドリーダーでもある松田晋二のドラムは全員を支え、かつ更なる熱量を叩きこむパワフルさ。
ライブでは踊りまくれてコール&レスポンスで盛りあがれ、一人ヘッドフォンで聴くとまた歌詞の深い味わいに浸りきれる、それがバクホン。
1998年のデビューから長いキャリアを誇りながら、時にはエレガントなストリングスを加え、時には映画製作にチャレンジし、と常に新たな試みを止めない、安住しないバンドなのです。
どの曲も聴いて損はない名曲揃いなので、試聴して好みの一曲を見つけてほしいです。
誰の心にも刺さる、繰り返し聴きたい一曲が見つかる……それがTHE BACK HORNなのです。