バーフバリ 王の凱旋

mp09さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
バーフバリ 王の凱旋
9

インドの絢爛豪華さに圧倒される『バーフバリ 王の凱旋』

インド映画を見たのはこれが初めてです。
(本編は、ですが。インド映画の存在自体に初めてふわっと触れたのは『TU MERI』というミュージックビデオです)
この映画は2作目ですが、これから見ても問題は無いと思います。
映画のあらすじとしては、次期国王であるアマレンドラ・バーフバリが母親であり国母であるシヴァガミに言われ、戴冠式までの間身分を隠し旅に出るというものです。
民衆に圧倒的な人気を誇るアマレンドラ。
それを妬むアマレンドラの兄とその父。
アマレンドラに付き従いながらも小言も言う戦士カッタッパ。
物語や登場人物は王道を行く叙事詩ですが、それにインドのスパイスが満遍なく大量に振りかけられているのがこの映画の魅力だと思います。
象が登場し、ターメリックが舞い、煌びやかなサリー等の衣装が躍り、大勢の民衆がアマレンドラを讃え、歌い、踊り、そしてアマレンドラが圧倒的な強さを魅せる。
暴漢も兵士も1人で(時々カッタッパも)軽々となぎ倒していくのは、インド映画特有なのかアマレンドラ・バーフバリだからなのかは分かりません。
(もっとインド映画見ないと…)
とはいえ、王国や政治というのは強いだけではどうにもならず、アマレンドラは陰謀に巻き込まれていくのですが…。
是非、大きな画面でバーフバリを浴びてください。絶対1作目も見たくなると思います。