ヴァルキリープロファイル / Valkyrie Profile

twoteruwoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ヴァルキリープロファイル / Valkyrie Profile
8

北欧神話と戦乙女を元にしたオリジナルストーリー

キャラクター4人がコントローラー4つのボタンそれぞれに対応し、1人最大3回の攻撃行動を組み合わせてコンボゲージを100まで上昇させると、奥義が発動できます。
発動によってゲージを消費しますが、奥義のヒットでまたゲージが上昇、100に達すれば次の仲間が奥義を使用でき、最大で4人が同ターンに奥義を発動できます。
攻撃可能回数は装備武器によって異なり、奥義によるゲージの上昇量はキャラクターごとに固定です。
つながるコンボと最後まで発動できる奥義の組み合わせを自分で見つけるのが楽しく、見つけた後は飽きずにひたすら戦闘をしていました。
Bエンディングとバッドエンドを見たときは、あまりにあっさりとした終わり方に驚きましたが、Aエンディングではしっかりと語られていてギャップがあります。
とにかくフリーズバグが多くレベルアップ時や奥義・大魔法の発動時に止まるため、1時間苦戦したボスを倒した時のレベルアップでフリーズした時は私がフリーズしました。リメイク版ではバグが解消されているとのことです。
キャラクターイラストは絵画のような印象で、北欧神話を舞台としている本作にとても合っています。
クリア後は高難易度ダンジョンに挑むことができ、そこでしか手に入らない強力な武器はキャラクターたちのレベルがカンストするまで遊ぶこともできます。大魔法詠唱や奥義もキャラクターの個性と魅力がよく表されています。
大好きな本作で残念だったのは、ドット・立ち絵と比較して3D演出がチープに見えてしまうこと。
他にも、最終決戦まで最高潮に盛り上がったAエンディングにて流れるアニメーションムービーと立ち絵の雰囲気が大きく異なることや、決戦時まで消滅していた仲間のルシオが駆け寄り、二人がキスをするのが唐突すぎて戸惑ったことが挙げられます。
クリア後に聞ける重要キャラクターたちの専用セリフは続編を期待させられるもので、それはとても良いものでした。
欲を言えば、強くてニューゲームでの全仲間が最初から加わっている状態でのスタート、オープニングのスキップが欲しかったところですが、それらを残念に感じてしまうのは何周もするほどこのゲームが好きであったため。
記憶に残る愛すべきRPGです。