プリパラ

keiaさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
プリパラ
9

登場する女の子は、みんなアイドル?

「み〜んなトモダチ!!み〜んなアイドル!!」というキャッチコピーの通り、登場する女の子たちはプリパラという特別な空間でアイドルになることができます。
ある程度の年齢になった女の子のもとにプリチケが届き、それを持ってプリパラに行けばあなたも今日からアイドル!といった設定。
この設定だけで楽しいものがありますが、プリパラの中では、プリパラの外と同じ外見の人もいれば内と外で外見がガラッと変わる人もいて、更に楽しめます。
主人公の真中らぁらはプリパラ内では髪が長くなり、身長が伸びます。
特に変化が大きいのは、学校ではシンプルにまとめた清潔感ある髪型で、メガネをかけた見た目も中身も真面目な委員長の南みれぃ。プリパラ内での姿は金髪お団子ショートに変わり、アイドルのキャラ作りとして語尾に「ぷり」をつけるなど、知っている人にも気づかれないほどの別人になります。
プリパラの利用者も観客もアイドルも、その多くが女の子であり原則として男の子はプリパラに入れないのですが、例外としてシステムを管理する赤井めが兄ぃと、他の子と同様に女の子アイドルのように活動する男の子レオナがいます。
姉のドロシーとレオナは見た目がそっくりですが髪の色が違い、性別も違うので一卵性双生児なのかどうかは謎です。姉であるドロシーは勝気で、レオナは一歩引いて大人しく優しい印象ながらも、ドロシーが危ない時には即座に庇うなど男らしい面を併せ持っています。
校長先生がプリパラを禁止したり、ライブメンバーが集まらなかったり、ライバルが現れたりと、個性豊かな女の子たちのドタバタアイドルコメディは賑やかで、見ていて楽しいアニメです。