ダイヤのA

okomesuki_13さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ダイヤのA
7

主人公が成功するとは限らないマンガ

中学生の時にスカウトされ、東京の野球の名門校である青道高校に入学する沢村栄純。
「野球は見るよりやるほうが楽しい」と、中学時代から周囲をまきこんで野球をしており野球のルールは分かっていたが、指導者がいなかったためにその才能を活かしきれていなかった。
青道高校に入学し、先輩から『野球』を学び、エースになるために誰よりも練習する沢村。
主力メンバーを除いた紅白戦で活躍する沢村は、その努力と実力が認められ、同じ一年生の小湊春市と一緒に夏の大会からベンチ入りする。しかし、三年生のエース丹波と同学年で投手の降谷がいて、エースではない。沢村を指導した先輩のクリスはベンチ入りできなかった。
夏の大会が始まり、投手としてベンチ入りしているのは、三年生の丹波、二年生の川上、一年生の降谷。投手陣が豊富な分、なかなか試合に出ることのできない沢村。それでも、試合を継投で進めていく片岡監督のおかげで、沢村は試合の後半の数回は投げることができた。継投策で決勝まで勝ち進むが、青道高校は敗退。甲子園出場とはならなかった。
秋季大会を最後に、片岡監督が青道高校を辞めるという噂が、野球部の選手達の間に広まる。片岡監督を辞めさせないためにも、秋季大会での優勝を固く誓う野球部員達。そして、秋季大会が始まる。