椎名林檎

minimanimoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
椎名林檎
10

"女と人生"椎名林檎。

私は幼少期から椎名林檎を聴いて育ってきました。小学校に入りたてくらいの時に爆発的にヒットし、家族が好きだったからです。私が本格的に椎名林檎にふれはじめたのは、中学生の時。東京事変が好きな友達に、私が持っていた「大人」のCDを貸したことがきっかけで自分自身も聴き直すようになったのです。
東京事変としての活動も大好きですが、私は断然椎名林檎としての曲が好きです。大好きな曲がありすぎて、これ!と決めるのが大変難しいですが、おすすめは「ギブス」「旬」「宗教」「ここでキスして」です。特にギブスは、まさに"女"を歌う曲。『明日のことはわからない、昨日のことは忘れちゃおう、そしてぎゅっとしていてね』という歌詞が少し切ないメロディーとマッチして、胸がぎゅっとなります。恋をしていたときの自分が言いたいこと、思っていることをいつでも彼女は歌ってくれます。
彼女も大人になって、曲も歳をとっていく女性の曲になってきていて、特に「人生は夢だらけ」や、トータス松本と歌った「目抜き通り」では昔の椎名とはまた別の大人な女性を描いています。このふたつの曲には、人生を謳歌していこうという印象を感じています。
"女と人生"を歌う椎名林檎。これからも活躍が楽しみです。