アイ・アム・レジェンド / I Am Legend

baristenderさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
アイ・アム・レジェンド / I Am Legend
7

化け物にまみれた世界で孤独に生きる男の話

世界的に人の形をした化け物、ダークシーカーが闊歩し、奴らは人を襲います。
多くの人が命を落とし人影の消えた街は荒廃して、道路などはボロボロながらも面影を残し、他の車に塞がれた場所以外であれば走行も可能です。

そんな街でたった一人、相棒の犬と過ごす主人公は店の食料などを拝借しながらそれなりに健康に生きていました。
ある日母娘が彼の住居に訪れますが、孤独から逃れるというプラスの変化というよりも彼にとって貴重な食料を勝手に食べられてしまうというマイナス面が目立ってしまいました。
それでも数少ないと思われる生き残りと協力し、助け合って他の生き残りを探していきます。

元研究者でもある主人公は、次第にダークシーカーたちが元々は人間でそれが変化したものであることから、彼らを人間に戻すという薬を開発することを決意します。

最終的に彼は化け物となった存在を人間に戻す血清を作成することに成功しますが、血清を制作する際に試験投与され人に戻りつつあったダークシーカーを取り戻そうとするダークシーカーのボスに襲われます。彼は助からないことを悟ると、女性に血清を託し手榴弾でボスを巻き込み自爆。ダークシーカーを人間に戻す血清を作り、命をかけてそれを守った彼は伝説となった、という正にタイトル通りの物語です。

この映画は公開直前にエンディングが差し替えられた経緯があり、差し替え前の別エンディングは一部DVD、Blu-rayにて特典映像収録されています(収録されていないものもあるため、購入またはレンタルの際はご注意ください)。