スピーシーズドメイン

1996ringoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
スピーシーズドメイン
7

亜人と人間が一緒に暮らす世界の学園ラブコメディ

この世界は亜人と人間が一緒に暮らすのが当たり前になってきた世界なのですが、彼らは特別な能力を持っているわけではありません。翼を持つ種族であるものの飛行能力はなかったり、小柄でがっしりとしていて女子でありながら立派な髭を蓄えたドワーフなどもいますが、あくまでも見た目が一般的な人間と異なるというだけでほとんど変わりません。

この、人間と一緒に暮らすことになっている亜人は多数いますが、その大半の亜人の出生は「人間の幼児との取り替え子」という結構怖い設定です。

そんな、人とは異なる見た目を持つ亜人たちと共にいる人間、大機発彦のモットーが「全ては科学で説明でき、この世界に魔法は存在しない」であるにも関わらず、実は彼こそ最も魔法に近い力を持っていることがのちに判明します。
ヒロインの風森弦子は当初から彼の発明を、科学というレベルではないと睨んでいましたがその推測が的中し、彼の「彼ができると信じることは実現できる」という神の如き能力を発覚させました。

その代わりに、あくまで彼ができると信じること、という制約があり、彼が科学バカのデフォルメ的存在であるがゆえか、自由に話せていたはずのアンドロイドをわざわざ片言のロボ喋りにするなど残念な点も。

様々な種族と人間の高校生たちが恋愛関係を結んでいくラブコメディ。気楽な気持ちで読めるほっこりギャグ漫画です。