クズの本懐 / Scum's Wish

MICO0615さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
クズの本懐 / Scum's Wish
10

思春期、だけでは言い表せない思春期の心を描く漫画です

2012年から連載の始まったこの漫画、クズの本懐。2017年にはテレビアニメとしても放送され、漫画も2017年に最終回を迎えました。
主人公の花火は、同級生の麦と付き合っており、一見仲の良いカップルに見えます。ですが、実は二人にはお互い別に好きな人がおり、どちらかの恋が実れば別れる、という条件のもと付き合うカップルなのです。
主人公二人の恋の行方も見所ではありますが、その周りのキャラクターも見所の一つです。同性の花火に密かに恋するえっちゃん、幼い頃から麦と結ばれることを夢見るモカ、そして、麦の恋心に気づきながらももてあそぶ音楽教師、茜。
最終的には、花火の好きな相手である鐘井先生と麦の好きな相手である茜は付き合い、結婚することとなるのですが、そこに至るまでの花火と麦の心の動きが切なく苦しくて、読んでいて胸を締め付けられました。
花火の言葉で、「まるでその人に否定されただけで世界が終わるようなそんな気持ちにさせるのが恋だから」というものがあります。誰かに恋したことのある人であれば、共感できるのではないでしょうか。
そして最終巻で花火は麦に「麦に出会えてよかったなぁ」とつぶやきます。
花火は長年想い続けた相手を結ばれることなく終わってしまいましたが、その恋はけして無駄ではなく、大切な一つの青春であったのだと、私はそう思いました。
叶わぬ恋を経験した方ならきっとこの漫画のキャラクターの誰かしらに感情移入できてしまうと思います。甘酸っぱくはないけれど、どこにでもいる高校生のラブストーリーを楽しんでほしいです。