ゴジラ(初代) / 怪獣王 / Godzilla, King of the Monsters

ゴジラは、東宝が製作し1954年(昭和29年)11月3日に公開した日本映画。

gonzosan-0313さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ゴジラ(初代) / 怪獣王 / Godzilla, King of the Monsters
10

ゴジラ

ゴジラというタイトルを見て当時の映画ファンは、どのような映画を想像しただろうか。前宣伝では未知の怪獣が出てくる空想科学映画という事は聞いてはいたであろうが、実際に観てみるまではキングコングの亜流程度と思っていたのではないか。公開されて目の当たりにし、そのすごさに圧倒された者は多いと思う。
アメリカの水爆実験の成功から数年後、太平洋を行く船が突然何かに襲われ沈没する事件が頻発した。また、日本のある島が巨大な何かに襲われ壊滅した。その島に調査団が派遣され、眼前に巨大な怪獣が姿を現した。這々の体で逃げ帰った調査団はさつそく会議を開き対策を協議し、怪獣の名前をゴジラと付けた。やがてゴジラが東京湾に現れ品川に上陸する。自衛隊の奮闘も甲斐なく、品川駅付近一帯を破壊してゴジラは一旦海に消えた。しかしまたいずれ姿を現さないとも限らないので一層の対策が急がれるのだが…。
監督は本多猪四郎、特撮は円谷英二、音楽は伊福部昭、主演は宝田明・河内桃子・平田明彦。
この作品は日本はおろか世界中でヒットして衝撃を与えた。ゴジラの名前は世界中に轟き、シン・ゴジラなど、いまだにシリーズが作られている。ハリウッドでもゴジラの映画は作られメガヒットを記録している。
最後に世界初のスーツアクター・中島春雄さんにありがとうの言葉を送りたい。