きみがくれた未来

ay1220さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
きみがくれた未来
10

兄弟愛、そして生きていることの大切さ

チャーリーは地元のヨット大会の優秀選手、年の離れた弟サムと二人で高校最後の大会を劇的な勝利で締めくくる。そして大学からの授業料免除で特待生の待遇を受け、名門大学からの誘いを受ける。大学最後のパーティーの日、病院勤務の母親から、留守番する弟を見ているように頼まれる。パーティーに行きたいチャーリーは弟が眠ったところで、こっそり家から出てパーティへ行こうとする。そこへそれに気づいたサムがチャーリーと一緒に行くと駄駄をこねる。やむなくチャーリーが車を運転し、サムとともにパーティーへ行くことにする。その道中、二人はよそ見運転をしたトラックに衝突されてします。その事故から起きたチャーリーは、事故で弟をなくしてしまったことを知る。そして、周りからのすべての連絡を断ち、外界から離れて住んでいるチャーリー。もちろん大学進学も諦め、人生すべての希望をなくしてしまう。そんな時、街に出ると、1週間後に大西洋へ公開にでる、高校時代のライバル、サム(女性)と出会い。彼の人生は大きく変わっていく。夢か現実かわからない状況で見た、サムとチャーリーの夢。そして、その夢の中で彼女は助けを呼んでいた。実際、彼女は数日前に出航したテスト航行で遭難してしまう。チャーリーは残された世界を生きるものとして、まだ行きている可能性のある彼女を懸命に探そうとするが。。。
あとは映画をみてください。生きている人間の苦悩と、生きていることの素晴らしさ、人生を懸命に生きることの大切さをよく理解することができました。