T字路s

4Hayamaさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
T字路s
10

酒が似合うブルージーな応援歌

青春時代が過ぎた私たちには、世の中に溢れる「明日に向かって走る」爽やかな応援歌では物足りない…そんな風に感じている人に勧めたいのは、リアルで切ない、人生を謳歌したくなる歌をパワフルに謳う「T字路s」。
ボーカルの伊東妙子の、迫力がありつつも女性らしく可愛らしさと艶を残した歌声には、包み込まれるような不思議な魅力があり、その泥臭くも切ない歌詞で聞く人を強く柔らかく包み込んでくれます。
つらく悲しい事があった日でも、いつもの飲み屋に行ったらみんなが笑顔で、お酒は美味しい。そんな私たちの、良い事ばっかりじゃない、たまに塩っぱくてかっこ悪い日常に寄り添ってくれる懐の深さがあります。
女版トム・ウェイツといってもよい程のハスキーボイスが語るのは、涙と汗の日々とそこにある光。「昭和感」があり「レトロ」でありながら、どこか現代感覚を感じられるのは篠田智仁によるカラフルで楽しいギター。人生っていいなと感じられる、カタルシスある世界観を造り出します。
アルバム「PIT VIPER BLUES」は、一枚聞き終わった後に足取り軽くなんだか踊りたくなる作品。1人ぼっちでも強く楽しく生きて行こうという希望が湧いてきます。