砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない / A Lollypop or A Bullet

monddayさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない / A Lollypop or A Bullet
7

思春期の多感さを悲しくも切なく表現された作品

主人公はとある田舎に住む少し現実主義気味の中学生の少女「山田なぎさ」。ある日彼女の通う中学校に有名人を親に持つ少女「海野藻屑」が転入してくる。彼女は自身を「人魚」であると主張し周囲をどよめかせ、更には初対面であるなぎさに対し「死んじゃえ」と暴言を吐きつつも何故かなぎさに懐いていく。なぎさは藻屑の奇妙な行動や不可解な言動、比喩表現に振り回され戸惑いながらも「彼女」を知り、また「彼女」の秘密を知って行き親交は深まっていくが、その親交が深まると同時に2人に残酷な最後が近付いて行く悲しく切ない物語。

もともとライトノベル作品であったものが漫画本になったものであり、表紙のイラストの少女達は可愛らしく一見GL物と勘違いされがちな作品ですが、内容は全くそういった物ではなく、とても深くて切なくて悲しいものです。最初は謎めいた比喩での表現が多く意味や意図が理解しづらく感じますが、思春期特有の多感さ、残酷さの表現はリアリティがあり、物語には残酷で切なく悲しみが押し寄せるようなラストが待っています。しかし読み終えた後にどこか美しさを感じられ、また序盤でわからなかった表現の意味を知りはっとなるような、何とも不思議な作品です。作品タイトルである「砂糖菓子の弾丸」は、読み手の感じ方によって様々な意味になると私は思います。