ONE OK ROCK

mihotomoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ONE OK ROCK
10

日本を代表する邦楽ロック

海外でも通用する日本を代表する邦楽ロックミュージシャンと言えば”ONE OK ROCK" 。
日本では、るろうに剣心の実写映画での挿入歌で人気を得てからというもの、若い世代に絶大な人気を誇っています。
彼らの歌詞は若い人たちが最も共感できるような家族や友情について書かれています。10代、20代が持つ、将来への不安、友達関係での苦しみ、家族には理解してもらえない悲しみ、自分が何もできないんだって自覚した時の辛さなど、自分ではなかなかうまく表現できない感情を彼らは歌詞にして、若者に寄り添うような励ますような歌で表現しています。
何か一つでも彼らの歌を聴くことによって共感できる部分がきっと見つかるはずです。
そして、彼らには日本だけでなく、アメリカを始めとする他の国にもファンが存在しています。
なぜ、彼らは他の国でも通用するのか?それは、彼らのロックスタイルがアメリカの80年代のロックスタイルに似ているからです。そして、ボーカルTakaの、英語の発音の良さです。
彼らの楽曲の中には、全て歌詞が英語という作品があり、日本人アーティストとしては珍しいスタイルのシングルやアルバムも発表しています。なので、他の国の人がわざわざ日本語を覚えなくても彼らの歌を聴くことができます。
これから英語を学びたい、海外に行ってみたいという方は、彼らの歌を聴いて、その歌詞の意味を知ることで自然に英語が生活の一部となり無意識に英語が少しできるようになるかもしれませんね。
この記事を読んで少しでも興味を持った方は、ぜひ一曲、彼らの歌を聴いてみてください。