Janne Da Arc / ジャンヌダルク

undead_girlさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
Janne Da Arc / ジャンヌダルク
10

スキが無い、すべてがスキだ!

全ての曲が、リピートで聴いていられる。こんなアーティストはそうそういないだろう。どんなシーンでも、刺さる曲がある。生活の一部になってしまうのだ。
もしあなたが刺激を求めるならば、初期のアルバム「D・N・A」聴くと良い。「RED ZONE」「Lunatic Gate」をはじめ、粗削りで激しい曲がそこにある。
もしあなたが元気づけて欲しければ、アルバム「ANOTHER STORY」を聴くと良い。「霞ゆく空背にして」「Shining ray」のような小気味良くさわやかな曲に出会える。
janne da arcの楽曲の特徴といえば、疾走感と激しさ、それでいてどこか繊細さを感じさせる美しさだ。V系の中でも聞きやすく、メロディアスな楽曲たちがすっと耳に入る。まるでゲームミュージックのようにファンタジックな光景をイメージさせ、気分を高揚させるカッコよさがある。これは彼らのとんでもない強みだろう。
最初に例として数曲挙げたが、個人的にお勧めしたい曲はあと数十曲はある。当然、紙面が足りない。だからぜひ試しに聴いてほしい。何のアルバムでもいい。きっと好きになると思う、アルバムの全楽曲が。
唯一残念なのは、janne da arcはもう解散したバンドということだ。ボーカルのyasuはソロで活動しているが、janne da arcとしての楽曲には限りがある。しかしそれが、彼らの完全性を作り上げたとも言える。
インディーズ時代から解散直前のアルバムまで、売り上げの上下はあるものの楽曲のクオリティは常に絶頂にある。ハズレなんてものはない。全てがシングル曲のようなものなのだ。