UN-GO / アンゴ

tikin2さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
UN-GO / アンゴ
9

坂口安吾の作品にリスペクトした新感覚のアニメ作品

明治~昭和にかけて活躍した文豪、坂口安吾の作品である明治開化 安吾捕物帖と復員殺人事件をベースに坂口安吾さんの著作全般をリスペクトした作品。舞台は近未来。戦争が起こり、そして終戦を迎えて復興を始めた日本。戦前と戦中を知り戦後に生きる、探偵を名乗る主人公と、探偵の助手を名乗る不思議な力を持った正体不明の少年を中心に、戦争、死、人の業など、普段無意識に思考の外に追いやってしまうような事柄が淡々と描かれていきます。直視したくないような物事と真正面から向き合う主人公と、様々な主義主張を持った癖の強い魅力的なキャラクター。そして何よりそれらをミステリーやオカルトの要素を混ぜ合わせつつエンターテイメントとして完成させている部分に他にはない強烈な魅力があります。原案となっている作品を書いた坂口安吾さんは、まさに戦争の時代を生きた方であり、戦争に対する自信のとらえ方も多く書き残しています。それらをリスペクトした本作はフィクションでありながら余りにもリアルで、鬼気迫るセリフたちにギクッとさせられることも少なくありません。また、現実の物事の動きとリンクするような側面もあり、現実を、世界を、もう一度見直す切っ掛けもくれるでしょう。また、アニメシリーズと同時に制作された劇場版も併せて見るとさらに物語を楽しめます。そして劇場版を見た後には、もう一度テレビアニメを見たくなること請け合いです。