米津玄師 / Kenshi Yonezu / ハチ

uwslove1005さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
米津玄師 / Kenshi Yonezu / ハチ
10

米津玄師の人気の秘密に迫る

ドラマ『アンナチュナル』の主題歌として作られた楽曲「Lemon」が大ヒットを呼び、曲中の「ウェッ」を知らない人はいないほど話題になった米津玄師さん。
メディアへの露出も少なく、顔も髪で隠れていることが多いのですが、そういった謎めいた部分もまた魅力の一つなのでしょう。
いろいろと謎に包まれている米津玄師さんですが、実はボカロPの「ハチ」として活動をしていました。
代表曲は「マトリョシカ」「パンダヒーロー」などの駆け抜けるような疾走感溢れる曲や「リンネ」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」といったホラーチックな曲などがあります。
ボカロP「ハチ」としてではなく、2012年より本名「米津玄師」での活動を開始しています。
「米津玄師(よねづけんし)」は本名であって、「よねづげんし」などによく間違えられると本人もよくネタにしているほどです。
「サンタマリア」でメジャーソロデビューし、ダンスナンバーの「LOSER」やアニメの主題歌となった「ピースサイン」、他のアーティストとコラボレーションした「灰色と青」「打上花火」、子供にも大人気の「パプリカ」など、様々な大ヒット曲を生み出してきました。
米津玄師さんがこれほどまでの人気アーティストになった理由として「曲のメッセージ性が高い」「独特な世界観と言葉選びが刺さる」といったことがあげられています。「パプリカ」のように子どもたちの間で大人気になり、曲がかかると踊りだす子がたくさんいるようなキャッチーなメロディでも、歌詞の中にはどこか『寂しさ』や『悲しさ』も感じられるようなところが心に刺さる理由の一つなのでしょうか。
また曲だけではなく、イラストやダンスもできる才能溢れるところも魅力の一つです。
今までリリースしているアルバムは米津玄師さんがデザインしたもので、「かいじゅうずかん」というイラスト集も出しています。
「LOSER」のMVで披露したダンスは「パプリカ」の振り付けも行った振付師・辻本知彦さんが「彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている。彼は踊りの天才だ!!!!」と絶賛するほどでした。このときはダンスの経験はなく、先生をつけてもらって2,3週間の練習でダンスを習得したようです。