日本で一番悪い奴ら

shikaskyさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
日本で一番悪い奴ら
8

絶頂から転落人生を描いた警察史上最大の不祥事を実話化した綾野剛の代表作品映画

2002年に北海道で起こった“日本警察史上、最大の不祥事“と呼ばれた「稲葉事件」をモチーフにした警察とやくざ社会の癒着を暴いた映画。覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕され“黒い警部“と呼ばれた北海道警察の警部が、逮捕されるまでの26年間が描かれる。主人公の諸星要一(綾野剛)は、大学時代に鍛えた柔道の腕前を買われて北海道警の刑事となった。諸星は無邪気で強い正義感を持ち合わせているが、なかなか警察としての成果が上がらない。そんな中、先輩刑事の村井(ピエール瀧)から、「刑事は点数、点数稼ぐには裏社会に飛び込み『S』(スパイ)を作れ」と教えられ、夜の繁華街や暴力団と密接な関係を持ちながら、やらせ逮捕、おとり捜査、拳銃購入、覚せい剤密輸とあらゆる悪事に手を染め、上司からの難題を次々と解決していく一方で自らも覚せい剤に手を出してしまい、絶頂期から一気に転落してしまう。上司ピエール瀧、暴力団幹部の中村獅童などの個性派&実力派が脇を固め、劇中で体重を10キロ増減させ、酒を顔に塗りむくませながら挑んだ綾野の壮絶な演技に引き込まれるだろう。この映画で綾野剛は第15回ニューヨーク・アジア映画祭 ライジングスター賞と第40回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞を受賞し、この作品は綾野剛の代表作品となった。