UNISON SQUARE GARDEN / ユニゾン・スクエア・ガーデン

shun6343さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
UNISON SQUARE GARDEN / ユニゾン・スクエア・ガーデン
9

キャッチーなメロディに乗せる、独特の世界観の歌詞がクセになる!

邦ロックバンド「UNISON SQUARE GARDEN(以下、ユニゾン)」をご存じですか?ユニゾンは、ボーカル&ギター担当の斎藤宏介、ベース担当の田淵智也、ドラムス担当の鈴木貴雄の3人で編成されます。
まずは、ユニゾンの楽曲の魅力を紹介します。数々のアニメ主題歌にも採用され、代表曲の「シュガーソングとビターステップ」はYouTubeで4800万回も再生されるほど中毒性があるキャッチーなメロディ。そしてその軽快なメロディに乗せる独特な世界観の歌詞には随所に言葉遊びが散りばめられており、思わず歌詞カードを熟読したくなるほどです。
では、ユニゾンの各メンバーを紹介していきます。まずはボーカル&ギター担当の斎藤宏介ですが、彼の柔らかく高い歌声がユニゾンの楽曲を何度聞いても苦じゃない、飽きないものにしています。帰国子女&高学歴かつイケメンという才色兼備なのに、実は絵が得意でなくある意味大変な画伯であるというギャップがファンの心を鷲掴みにしているようです。ちなみに、ユニゾンのマスコットキャラクターである食パンくんも彼の作品です。
次に、ベース担当の田淵智也ですが、彼はユニゾンの楽曲のほとんどを作詞作曲しているという天才で、「紅蓮華」で大ヒットしたアーティスト「Lisa」にも楽曲提供したりサポートメンバーとして参加したりとユニゾンに留まらない多彩な活躍をしています。普段は物静かな印象を受ける彼ですが、ライブになると一遍しベースを演奏しながらステージ上を縦横無尽に駆け回るその様子はファンの間でも大好評で、これがユニゾンのライブの魅力を底上げしています。
最後に、ドラムス担当の鈴木貴雄です。ライブでは一心不乱にドラムを演奏しカッコいい姿を見せてくれますが、普段は動物が大好きで特にアルパカによく会いに牧場に足を運んではその様子をSNSにアップすることから、ファンの間では名前の「たかお」と掛けて「アルパカオ」と呼ばれています。
以上が簡単なメンバー紹介になりますが、3人に共通しているのは「ギャップ萌え」というキーワードです。特に女性はギャップ萌えに弱いと言いますから、このようなメンバーの魅力もファンの心をつかんで離さないのでしょう。
さてここまでユニゾンの楽曲とメンバーの魅力について語ってきましたが、ユニゾンはライブが真骨頂とも言えるバンドでありますので、最後に彼らのライブの魅力についてご紹介したいと思います。
ロックバンドのライブといえば、バンドメンバーのステージからの観客に対する盛り上げ・煽りを想像するかと思いますが、ユニゾンはそのようなことは一切しません。限られた時間の中でいかに多くの楽曲を演奏するかを考えてMCは手短に済ませ、演奏もバンドメンバーたちが一番に楽しんで行っており、観客に対しては「それぞれが好きなようにライブを楽しんでくれたらいい」というスタンスでいるため自分たちから盛り上げたりすることはありません。ですので、ライブは周りを気にしすぎることがなく、ライブ演奏に没頭して楽しめるものになっています。
アルバムに収録された楽曲を楽しむのはもちろんのこと、ライブに一度足を運んでその熱量と世界観をぜひ体感してみてはいかがでしょうか。