女子高生の無駄づかい / 女子無駄 / Wasteful Days of High School Girls

ngc2775さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
女子高生の無駄づかい / 女子無駄 / Wasteful Days of High School Girls
9

『女子高生の無駄づかい』で悩みを忘れて笑いませんか?

『女子高生の無駄づかい』は漫画の原作のアニメ作品で原作者はビーノ氏、パッショーネ制作のTVアニメ作品です。放送期間は2019年7月〜9月で全12話になります。
この作品は女子高生が無駄な日々を送る日常系アニメです。日常系のアニメではありますが、ギャグに振り切った作品で下らないことで笑いたい人にオススメしたい作品です。あらすじは同じ小学校の仲良しバカ、ヲタ、ロボの3人が高校で再会するところから物語が始まります。バカ、ヲタ、ロボは第1話でそれぞれが考えたあだ名です。他のクラスメイトにもロリやマジメ、ヤマイといった女子高生のあだ名とは思えないどストレートなネーミングのキャラが登場します。
ギャグアニメですからもちろんギャグが1番のおすすめポイントです。バカの破茶滅茶ぶりとヲタのキレのあるツッコミ、ロボの奇想天外な行言動が良い塩梅でお互いを引き立てます。他のクラスメイト達との交流の中でバカの言動に振り回されドン引きしている姿や、新たなる化学反応が生まれる様子が非常に面白く悩み事なんて忘れさせてくれます。
濃い内容のギャグだけで終わりません。病みつきになるオープニング曲「輪!Moon!dass!cry!」と浄化されるエンディング曲「青春のリバーブ」が、作品全体の魅力を底上げしています。
オープニング曲はギャグアニメっぽい訳のわからない歌詞と、リズミカルな曲調が特徴の楽曲です。普段はオープニングを飛ばしてアニメを試聴しますが、この曲は全ての回でオープニングを視聴するほどのスルメ曲でした。エンディング曲では一変して王道の青春アニメのような爽やかな曲調です。濃いギャグでも胃もたれせずに連続で試聴できます。
『女子高生の無駄づかい』は全12話で時間もそこまで取られないので、悩みを忘れて笑いたい方はぜひご視聴ください。