ワールドトリガー / ワートリ / World Trigger

hai0213さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ワールドトリガー / ワートリ / World Trigger
9

SFバトル漫画ワールドトリガー紹介!

本作はバトル漫画の中では珍しく「主人公が弱い」という設定のストーリーになっています。
普通、バトル漫画では主人公が強くて最後に強敵を倒すというシーンがとても魅力的で、引きつけられますよね?本作の主人公・修は戦闘が弱く、とてもバトル漫画の主人公とは思えないほどです。ですが、周りの仲間や、強敵と切磋琢磨し、少しずつ成長を遂げていきます。もう一人の主人公・遊馬は逆にとてつもなく強く、修の相棒として活躍していきます。

28万人が住む三門市に、ある日突然異世界への「門(ゲート)」が開いた。門からは「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物が現れ、三門市の住民は恐怖した。しかしボーダーと名乗る謎の一団が現れ近界民を撃退する。門が初めて開いてから4年半が経過し、三門市にやってきた遊馬が、修に出会う所から物語は始まる。

戦闘力は低いが、知性と正義感溢れる主人公・修。先ほど紹介した通り、主人公の修はとても弱いです。ボーダー隊員は主に「トリガー」という武器を使うのですが、このトリガーは、使用者本人の「トリオン能力」によって威力が大きく変わります。修はトリオン能力が非常に低いため単純な戦闘ではとても不利なのですが、それをカバーするべく頭を頭脳戦や、仲間とのチームワークを駆使して、強力な敵、ライバルに挑んでいきます。
そして修のもう一つの特徴は、とても仲間思いなところです。自分のことよりも仲間を優先し、仲間を助けるためなら、自分の命もいとわないほどです。その姿に心打たれ、戦闘自体は弱いものの仲間から絶大な信頼を得ています。

圧倒的な戦闘能力と、センスをもつ修の相棒・遊馬。
もう一人の主人公遊馬圧は圧倒的な戦闘能力と、センスを持っています。
体が小さいため機動力を生かした戦闘を好み、トリガーも器用に使いこなすため、ボーダーのA級隊員からも一目置かれています。
修のことをとても信用しており、修に被害をなすものには容赦はしないという一面も持っています。

本作では、さまざまなキャラクターのかっこいい戦闘シーンが描かれていますが、主に描かれているのはチーム戦です。ネイバーと戦うシーンはもちろんのこと、ボーダー隊員の中で行われるランク戦もチームで行われています。
個人の能力では劣っていたとしても、チームワークで格上の相手を倒したり、修のように頭を使った戦いがワールドトリガーの一番の魅力であると思います。

修や遊馬、仲間たちの成長、ネイバーとボーダーの戦い、ボーダー同士のランク戦…。
バトルシーンと仲間の絆がとても魅力的な作品になっています!
ワールドトリガーには、ここでは紹介できなかった魅力的なキャラクターたちが多数います。
バトル漫画が好きな人には一度は見ていただきたい作品です!