SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン

makity0308さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン
10

色褪せないスポーツ漫画の最高峰、スラムダンク

バスケ初心者の主人公・桜木花道は不良だが、高身長で身体能力は抜群。一目惚れした晴子ちゃんがバスケ好きという理由でバスケ部入部する。同じ学年に天才の流川がおり、晴子ちゃんは流川が好きと、ひねりのない少年漫画の王道的設定。
リアルさが人気の秘訣でもあるのだが一見非現実的な面もある。主人公が属する湘北高校はスポーツ推薦が無い。しかし中学時代から天才と言われていた1年生の流川や、県内屈指のセンターでキャプテンの3年生赤木(晴子の兄)、さらに中学3冠の三井、チビだけど運動神経バツグンの宮城など圧倒的なタレントが揃っている。
現代の商業化した高校生スポーツからするとありえないと言いたくなるが、ちゃんとそれぞれ強豪校に行けなかった背景が描かれている。
赤木は中学時代チームメイトに恵まれず、三井は怪我から不良化、流川は家が近い高校を選んだなど。そんな5人が集まったのはある程度は偶然なのだが、湘北には名監督安西先生がおりそれも一つの理由になっている。そして安西先生がなぜ無名校にいるか?もちゃんと語られている。
これらが試合前後、さらに試合中にも語られることで、プレイ一つ一つに濃厚な味付けとなり感情移入せざるを得ないのだ。
実は主人公桜木花道の過去は、あまり語られていないように思うのだが、連想させる記述が節々にある。結構貧乏そうだったり、片親っぽかったりして後にじっくり語られるのかなと思っていたら連載が終わってしまった。
当時人気絶頂での連載終了は衝撃的で、未だに2部再開の期待をしてしまう。作者はその気は全く無さそうであるが。他のジャンプ人気漫画のようにダラダラ延命して人気が無くなっていくのではなく、このように語り尽くせなかった伏線に対して読み手がそれぞれ想像して楽しむ。そういったことができるのも根幹のストーリーがしっかりとしているからであろう。
コロナ禍で20年以上の時を経て映画化されるスラムダンク。また自宅のコミックスを読み返して高校時代に戻ってみるのも悪くない。