グラン・トリノ / Gran Torino

silver_silverさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
グラン・トリノ / Gran Torino
8

渋いという言葉がピッタリな映画グラン・トリノ

渋いという言葉には、落ち着いた趣がある、味わい深いなどの意味がありますが、グラン・トリノという映画がまさにそうだと思います。妻に先立たれた、頑固な隠居老人を演じる、クリント・イーストウッドが、隣のモン族の少年と、少しずつ心を通わせていくストーリーです。この映画を見ていると、家族や血の繋がり民族、年齢、性別など関係なく、人と人のコミニケーションの中で相手のことを理解し、認め合い、尊敬し、友人になれることが、いかに素晴らしいかを、感じざるをえません。イーストウッド演じる、コワルスキーは、頑固でニヒルな老人です。口を開けば悪態ばっかついてます。なのにところどころ、可愛い面もあって、憎みきれません。このコワルスキーの生き様を描いたグラン・トリノ、現代では、こんな生き方がかっこいいと思ってたんだ昔の男性に対して、ふーんといった、一歩見せ方を間違えれば、よくある自己犠牲のお涙ちょうだい映画よね、と、嘲笑を買いそうなシナリオですが、見終わったあとの涙、心のうちから湧き出る、かっこいい、という感情。クリントン・イーストウッド演じるコワルスキーの生き様に、果てしない憧れを抱き、エンドロールを涙なしでは迎えきれない、そんな映画です。