範馬刃牙

akko8717さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
範馬刃牙
7

最強の格闘漫画!

地球上最強の生物になることを目標にする少年、「範馬刃牙」の生き様を追ったような漫画です。主人公は範馬刃牙なのですが、東京ドームをモチーフにした建物の地下に存在すると言われる地下闘技場で行われるトーナメントでの様々な戦い(ルール無用のケンカ)を実況していくか、戦っている者の目線で描かれているので、様々な人物の凄さが語られていきます。医師の知識を身につけていることで身体を診る(視診)、触る(触診)だけで、相手の弱点をついて戦う鎬紅葉(しのぎ くれは)。世界最大の規模を誇る空手団体の総帥を務め、腹筋を操作し、睾丸を収納する金的への対抗技や、左右の目の動きをそれぞれ操り相手の攻撃を防ぐ、散眼など空手道を極めたゆえに使える技術を持っている愚地独歩。身長155センチ、体重40キロ台でありながら合気道の達人で、身体の力の流れで行う手刀はビンを綺麗にたたっ切れる渋川剛気。20代という若さでありながら極道のトップに君臨し、500円玉を2本の指で折り曲げる程の人並み外れた握力を持つ花山薫など、化け物揃いのトーナメントで少年範馬刃牙がいかにして勝ち上がっていくのかが面白いです。人間離れし過ぎる技のオンパレードに酔いしることが出来る唯一無二の漫画だと思います。