back number

xxxaiさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
back number
8

清水依与吏の世界観

back numberは3人組のロックバンドで、有名な曲に「花束」、「クリスマスソング」、「瞬き」などがあります。この3曲を聞いていただけるだけでもback numberの良さが伝わるはずです。
「花束」では王道のラブソングを会話調の歌詞で彼氏と彼女関係を表してします。「クリスマスソング」ではback numberの代名詞ともいえる恋愛時、恋した時の男性の女々しさをクリスマスの街並みとともに表現し、切ない思いを唄っています。「瞬き」では映画「7年越しの花嫁」の主題歌として主人公とヒロインの人生を抽象的に、そして映画を見終わった後にまた感動できる曲となっています。

back numberの曲は主に恋愛がテーマになっています。そもそも「back number」というバンド名の由来がボーカルである清水依与吏が自分の彼女を友人にとられた、彼女にとって僕はもう過去の物という体験からきています。
back numberの曲はボーカルの清水依与吏が作詞しており、本人の恋愛に対する臆病さや慎重さが曲の様々な部分に表現されています。その臆病さが聞く人の過去の体験とマッチして共感でき、その当時を思い出すことができます。失恋の悲しい歌も多くありますが、失恋から立ち直るような歌もあり、幅広い方にヒットするロックバンドだと思います。