リズと青い鳥

shin1932さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
リズと青い鳥
9

二人の女子高生の友情を描いたアニメ、二人のハーモニーが空をめぐる

鎧塚みぞれと傘木希は北宇治高校の3年制で吹奏楽部に所属します。今年のコンクールのテーマ曲は「リズの青い鳥」。希のフルートとみずれのオーボエのハーモニーが重要になってきます。

人付き合いの苦手なみぞれにとって、希は数少ない友達。コンクールの練習も、みぞれに合わせますが、そうするとどうしても自分の満足する音が出ない。みぞれは先生からも「もっと自由に」という事を言われるが、どうしても希に合わせてしまいます。そうして夏休みが過ぎていきます。
オーボエの1年生と2人で、あまり会話もなく練習するみぞれ。希は沢山のフルート部門のメンバーと練習のあと、甘いものを食べにいく話をしています。希と一緒にいたいみぞれ。
リズと青い鳥は、リズは、美しい青い鳥をいつまでも手元においておきたい、でも、青い鳥には天高く空を飛ぶことがしあわせ…。
新山先生「鎧塚さんは、どうしたいの」
みぞれ「私にとって、希はたった一人の友人」
リズと青い鳥に自分と希を重ねていたみぞれは、希から卒業して、自分の満足できる演奏をする事を決心します。
コンクール直前の練習。フルートとオーボエのハーモニーの部分を通して演奏したいと先生に訴えるみぞれ。そして、みぞれの本気のオーボエのハーモニーが流れる