ベッカムに恋して

tyam29さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ベッカムに恋して
8

かっこいい!逆境に立ち向かいながら、ベッカム選手に憧れ夢を叶える少女

舞台はイギリスで、主人公はサッカーを得意とするインド系移民の女子高生のジェス。舞台となった正確な年は設定されていないものの、映画の公開年やタイトルから、主人公の憧れであるデビッド・ベッカム選手が実際に大活躍していた2000年代前半だと分かる。
主人公・ジェスが公園で男子とサッカーをしているところ、地元の女子サッカーチームに所属しているジュールズという選手に誘われて入部し、コーチにもその才能を見込まれる。しかし、主人公・ジェスの家族はインドの伝統・習慣・宗教に厳格で、彼女がサッカーをすることに反対する。それでも彼女は両親に内緒でサッカーを続け、才能をどんどん開花させていく。
ある日、主人公の姉は結婚式を迎えることになる。しかし、姉の結婚式当日はジェスが参加する試合のトーナメント最終日と同じ日であった。さらに、最終戦はアメリカのサッカーチームからスカウトも来る大切な試合である。もし、試合に参加できなければ、彼女は試合だけでなく、サッカー選手になるという夢まで諦めることになってしまう。こんな状況の中、主人公はどのような行動を起こすのか。家族との関係、チームメイトや監督との絆、サッカー選手になるという夢はどうなってしまうのか。勇気をもらえる、感動のストーリー。

この映画の原題は『Bend It Like Beckham』。このタイトルには、ベッカムのように華麗なカーブを描いたゴールを決めたいという意味が含まれているだろう。しかし、それだけでなく、ベッカムのようなサッカー選手になるために、自分の生き方を自分で決めて進んでいきたいという想いが込められているはずだ。主人公のジェスは、人種、宗教、性別による偏見、差別、固定概念にとらわれずに、自分の夢を一生懸命追いかけている。誰もがこの映画の主人公に勇気をもらうことができる。主人公やその友人のように、自分の生き方を自分の意思で決め、どんな逆境にも立ち向かい、まっすぐに突き進める強い女性になりたいと感じる作品だ。