しあわせのパン

kagayake_mizuhoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
しあわせのパン
8

ほっこりした気分になります

優しい夫婦が営むカフェ「マーニ」が舞台になっています。そこを訪れる人たちには、現実でもよくあるような悩みを抱えています。その悩みや悲しみ寂しさを、優しい水縞夫婦・りささんと尚くんが迎えてくれます。
ストーリーは、夏・秋・冬・春の季節ごとに訪れるお客さんとの交流で展開されていきます。夏は、彼氏にふられ沖縄旅行をドタキャンされた女性が、カフェ「マーニ」を訪れます。そして、優しい人たちとあたたかい料理や美味しいパンで、心が癒されていきます。
秋は、登校拒否の女の子と、その父親がカフェ「マーニ」を訪れます。ふたりは、おなじ寂しさを抱えているのですが、それをうまく共有できません。そんなふたりのこころを繋ぎ合わせてくれたのが、カフェ「マーニ」のパンとかぼちゃのポタージュスープでした。
冬は、一組の老夫婦がカフェ「マーニ」を訪れます。何やら深刻な悩みを抱えているのですが、あえてりささんと尚くんは、それを尋ねることはしません。ですが、ふたりの優しいこころと、あたたかい料理で、老夫婦は悩みから解放されます。
春は、思いがけず来年のお客さんが決まり、りささんと尚くんは大喜びします。それは、ふたりにとってとても大切な嬉しいお客さんです。
この4つの季節には、それぞれの訪問者と水縞夫婦のこころの交流が描かれています。そして、それぞれ季節に決まって見られるのが「ひとつのパンをふたりでわける」というシーンです。この場面がまさに、タイトルの「しあわせのパン」にぴったりです。
見終わったあとには、タイトルの「しあわせのパン」を実感できる作品です。
ワクワクやドキドキ、謎解きや冒険心といったストーリー展開を望む人には、物足りないストーリーかもしれません。ですが、ゆったりとした何気ない時間で「見えない何かしあわせ」を感じたい人には、おススメです。