川の底からこんにちは

gasomesoさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
川の底からこんにちは
9

え?ホラーですか?いいえ違います。

タイトルだけ見ると邦画のホラー映画のようですよね、貞子とかそこらへんのジメジメ系の。しかし内容はヒューマンドラマとコメディのいいとこ取りな感じです。
主演は満島ひかりで、2010年の映画なので彼女が売れ出したかなって頃でしょうか。東京で日々無気力に生きている女性が、父が入院したことによって田舎の実家のイマイチ上手くいってないしじみ工場(しじみという設定がすでにシュール)を嫌々ながら継ぐことになります。私自身が勤務経験があるのですごくよくわかるのですが、こういった食品工場って、そんじょそこらの社員より勤務歴の長いパートのおばちゃんがいたりして、往々にしてそのおばちゃんが工場内を牛耳ってたりするんですよね。おばちゃんの存在に関しては良い点も悪い点もあるので、そこは社員がどう転がすかによって工場の先行が決まります。逆に転がされちゃうこともありますけど…。そんな訳でこのしじみ工場にもそんなパートのおばちゃんが出てきます。なんとなく想像できるかもですが、主人公はそのおばちゃんと最初こそ対立しますが、徐々にお互いを認め合い、工場の立てなおしに成功する、という話です。
王道っぽいストーリーではありますが、何しろ主人公とパートもおばちゃんたちとのやりとりがシュールで笑えます。これだけでも楽しい映画ではあるのですがこの映画が他と違うのは、シュールで笑えるシーンのその3秒後にはウルっと感動できてしまうという不思議体験ができるのです。
感動ものが見たいけど重いものはちょっと…という方(そんな需要あるのか?)には大変オススメの映画です。