氷室京介

maccaroneさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
氷室京介
10

アルバム『Missing peace』について

元BOOWYのボーカリストであり、ソロとして活躍していた氷室京介がロサンゼルスを拠点にして、LAのミュージックを起用し制作された1996年に発表した、オリジナルアルバム。

ミキシングエンジニアに世界的に有名なニールドーフツマンを起用。スティングなどの超有名なアーティスト作品を手掛ける世界的エンジニアである。
当時36歳であった氷室京介の脂の乗りきった声と、氷室の美学が全面に出された世界観で、聴くものを圧倒させるクォリティを誇る。
全10曲入りだが、1曲1曲の完成度が高く、バーラードでは、その世界観に引き込まれる。
捨て曲無しの、アルバムで後に続く氷室京介が自身の最高傑作と称する『i dea』に少なからず影響を与えたアルバム。
渡米後、LAを拠点に活動し、自信をセルフプロデュースする形をとっているが、1996年頃から、自分自身の音楽事務所を設立し、レコーディングスタジオを作り原盤管理を行うようになる。
日本でBOOWYの頃からの根強いファンを持ち、引退後の今でも、その人気は衰えるどころか、ますます、カリスマ性が高まっている。
ライブグッズは瞬く間に完売続出で、今では高値で取引されている物も数多く出回っている