こんな夜更けにバナナかよ

kazub1b5さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
こんな夜更けにバナナかよ
9

観てよかった

筋ジストロフィー患者の鹿野さん自身の体験をもとにして書かれた小説を実写化したお話です。鹿野さんのお世話をするボランティアの青年とその恋人との交流がそれぞれの視点で描かれています。
こういった闘病の様子が描かれた映画でよくあるお涙頂戴といった話ではなく、逆にユーモアたっぷりで笑える場面が非常に多かったです。
そんな中でも、ボランティアの青年の将来へのやるせない気持ちだとか、それを支える恋人の葛藤、その恋人に想いを寄せるせつない主人公の様子も描かれていて、笑いだけではなくストーリーもしっかりしていました。
ただ病気を悲観するだけではなく、こういった作品に触れることで病気への理解も深まり、身近に感じることができると思います。
そして、鹿野さんご本人もきっと素敵な人だっただろうと思いますが、大泉洋さんの演技が素晴らしく、とても魅力的な俳優さんだと改めて感じさせられました。
特に好きなのは命がけのサプライズのシーンです。普通で言えば不謹慎なのでしょうが、自らの病気をネタにして誰かを笑顔にしてしまう主人公がとても愛おしく、主人公が言うわがままも命を全力で全うしているからこそ生まれてくるものなのではないかと思いました。