プロレススーパースター列伝

mikenekoSさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
プロレススーパースター列伝
8

プロレスの裏舞台を描いた作品

華やかなスポットライトのリングに颯爽と登場したのはタイガーマスク。マンガの世界から飛び出したような身のこなしに必殺技は多くのファンを魅了した。また「一番」を掲げるハルク・ホーガンは新必殺"アックスボンバー”を開発。そのヒントとなった"ウエスタンラリアット”で対戦相手を薙ぎ倒す不沈艦ことスタン・ハンセンに彼とのコンビを組むブルーザー・ブロディはまさに野獣のようだ。タッグチームならばファンクス兄弟も負けてはいない。しかし、ブッチャーの凶器攻撃は巧みでレフリーも気が付かない。そんな昭和のプロレスブームを支えたレスラーたちの活躍をマンガで描いた本作は、「巨人の星」などスポ根マンガの巨匠梶原一騎による。登場人物は実在するレスラーが数週にかけてリアルな画力で紹介する展開は、今だと目覚ましい活躍をしたアスリートの軌跡を描いた「○○選手物語」みたいな位置づけに当たる。構成は選手の活躍→下積み、新人時代の苦労話→今の時代に戻るという振り返りが数話続く。その中で流石にこれは無いだろうという必殺技やトンデモ特訓などのエピソードもたまに出てきたが、毎回アントニオ猪木のコメントが入ることで妙な説得力を持たせ、虚実入り混じえたストーリーは面白い。