四月は君の嘘 / 君噓 / Your Lie in April

Nia666さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
四月は君の嘘 / 君噓 / Your Lie in April
10

中学生のストーリーとは思えない濃い1年

ノイタミナ作品でアニメ化、山崎賢人・広瀬すず主演で実写映画化もされた人気漫画。
母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなってしまった元天才ピアニスト・有馬公正が、自由奔放な少女・宮園かをりに出会ったことから再び音楽と向き合う青春ストーリー。
音楽を題材にした作品なのだが、読者にやる気と向上心をもたらすスポ根漫画のようであり、自己啓発本のような作品でもある。そのように思わせるのは、赴きのある言葉の表現や、引用を数多く取り入れているからである。特に多く引用されてるのはスヌーピーからだ、ファンの間ではスヌーピー漫画とも呼ばれているほどよく使われている。この作品を読んでスヌーピーへの印象が変わった人もおおいであろう。
また、音楽漫画であるためクラシックも多く出てくるが、その説明もしっかりと書かれており、読者をクラシックに興味を持たせる。実際にそのクラシックを聴いて読んでみるとまた違った面白さがあるため面白い。
最初に青春漫画と述べた通りこの作品には恋愛模様書かれている。学生だからこそのまっすぐで純粋な気持ちに学生の読者は共感し、大人の読者は青春時代の懐かしさを味わうことができ、恋愛の素晴らしさ、尊さを教えてくれる。つまり、この作品にはスポ根、文化、恋愛の詰まった読めば何かを始めずにはいられない作品である。