魔法使いの嫁 / The Ancient Magus' Bride / まほよめ

mirinuruさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
魔法使いの嫁 / The Ancient Magus' Bride / まほよめ
9

ダークファンタジー好きさん必見!

アニメ化・映画化もされた作品。
羽鳥チセは、幼いころから「人ならざるモノ」が見える体質。そのせいで疎まれ、母は自殺し、親戚をたらいまわしにされていた。彼女の前に現れたのは、闇オークションの売人。「あなたを必要とする誰かに、あなたを預けてみませんか?」そして始まったセリでチセを買ったのは、人外の魔法使い・エリアスだった。エリアスは言う。チセは「スレイ・ベガ」と呼ばれる貴重な存在で、人外のものに好かれるのはそのせいだという。ただし、人外の者たちの好意が、人にとって良い物だとは限らないのだ、と。イングランドの片田舎で、骨頭の彼は、表情の見えない笑いを振りまき言う。「僕は、君を僕の弟子にするつもりでもあるけれど、僕のお嫁さんにするつもりでもあるんだ」人でない彼と、人の理屈の通用しない世界を垣間見るうちに、チセは-----。

妖精・イングランド・魔法使いとファンタジー好きにはもちろんですが、生きることに絶望するチセのダークな部分と、得体のしれないエリアスも味わい深いです。光一杯夢いっぱい希望一杯、みたいな物語に疲れてしまったあなたにぜひおすすめしたいです。アニメと両方味わえば、またさらに世界が広がりますよ。サウンドトラックが世界観とマッチしていて素晴らしいです。