シェイプ・オブ・ウォーター / The Shape of Water

miigoo1149さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
シェイプ・オブ・ウォーター / The Shape of Water
8

愛ってどういうかたちをしているの?

私は、日本で2018年に公開された「シェイプ・オブ・ウォーター」が大好きです。訳すと、水のかたちという意味になるそうです。私はこれを、愛には決められた形はないし、それがどんな形だとしても愛であることに変わりはない、ということを言いたいのかな、と感じました。

この映画の主人公の女性と魚人の愛のかたちは、世間の目など気にせず、ただお互いの幸せを願う素晴らしいものでした。アマゾンの奥地で神と崇められていた魚人が捕まってしまい、主人公の女性が勤めるとある研究施設に運び込まれ、そこからふたりのラブストーリーが始まります。
女性は生まれつき声が出ないという障害を抱えていて、それまで一人で生きてきました。友達はいるけれど恋人はいなくて、日々を淡々と生きている女性でしたが、魚人と出会い、愛を知っていきます。
この映画は本当に映像が美しく、背景や小道具、衣装がこだわって作られていると感じられます。建物の壁は水色、研究施設の制服や車も水色、食べているパイまで水色なのです。細かく作り込まれているお陰で、観ている私達はこのふたりのお話を、そっと覗きこんでいるような気分になれます。どうかふたりが幸せであるようにと願わずにはいられないでしょう。
魚人の見た目、リアルな生活感を匂わす女性の描写が受け付けないという方もいるかもしれませんが、私は大好きです。ラストの美しさには思わず涙してしまいました。是非観てみてほしいと思います。