テキサスSWAT

kurara1122さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
テキサスSWAT
10

マカロニウェスタン発、香港映画行き

ハリウッドでB級アクションの快作を連打していたスティーブ・カーバー監督がチャック・ノリス、デビッド・キャラダインといった二人のアクションスターを迎えた痛快アクション巨編。
テキサスに巣食う無法者から恐れられ「ローンウルフ(一匹狼)」の異名を持つテキサスレンジャー、マッケイド(チャック・ノリス)は、米軍の兵器が次々に強奪される事件を追う中で、ローリー率いる犯罪組織が事件の背後で暗躍している事を知る。ローリーは強奪した兵器を世界中のテロリストに横流しする死の商人であると同時に凄腕の武術家であり、マッケイドの捜査に気づいたローリーはマッケイドの親友を殺す、娘を誘拐する等、徐々にマッケイドを追い詰めていく。しかしマッケイドは組織壊滅にさらなる闘志を燃やす。ついには仲間をともない組織のアジトを急襲、壮絶な銃撃戦の末に組織は壊滅し、ローリーもマッケイドとの一騎打ちの末に斃れた。
出だしこそ、暑苦しさ満点のマカロニ風味(劇伴はマカロニ音楽の大家、フランチェスコ・デ・マージ!)で、荒涼とした大地とのコントラストも手伝って雰囲気をいやおうもなく盛り上げてくれ、壮絶な銃撃戦を経ての武術家同士の一騎打ちは「香港クンフー映画」の基本フォーマットをきちんと踏襲しており、マカロニファンは勿論の事、香港クンフー映画ファンも十分満足できるアクション巨編に仕上がっていたのだった。