終わる世界とバースデイ

mhubertさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
終わる世界とバースデイ
8

終末論を題材にした感動ストーリー

本作は終末論を題材にした感動系のゲームです。
「ある日世界が終わる」というインターネット上の噂が流れたことを境に、日常に異変が起き始めます。
この世界は多数の人間の脳波を統合して作られた世界で、そこに異変が生じたために日常が崩れ去っていくことになります。またその世界の存在そのもの、象徴とも言える少女がメインヒロインとなっているのですが、その子はこの世界を作った開発者の実の妹で、過去に交通事故で亡くなっています。そこで仮想の世界でもいいから彼女にまた生き返ってほしい、という望みで作られた世界が先述した世界なのです。そのことを認知したヒロインは、自分の存在が多くの人に迷惑をかけてしまっていると自覚するようになります。そして自分の存在もろとも世界を終わらせようと行動します。それは即ち彼女の永遠の死、主人公達との永遠の別れを意味します。そして今作のラストシーンで「もう私に縛られないで貴方達は別の道を歩いて行って欲しい」と告げるのですが、かなりその場面はかなり感動できる名場面だと思います。
人の命とは何なのかという思いテーマを据えた今作ですが、プレイすればとても深く考えさせられる作品になっていますので是非オススメします。