ダークナイト / The Dark Knight

kzy_77さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
ダークナイト / The Dark Knight
10

善人が悪人へ

ジョーカーは、本作品のメインキャラの一人であり、悪のカリスマである。
ブルース・ウェイン(バットマン)、地方検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンは、ゴッサムから犯罪を無くすための活動をしていた。ブルースは、堂々と悪と戦うハービーがゴッサムの真のヒーローだと考えていた。そんな時、マフィアの会議にジョーカーが現れ、マフィアの資金の半分と引き換えにバットマンを殺す提案をする。ジョーカーは、バットマンがテレビを通じて正体を明かさなければ人々を殺し続けると脅迫する。ハービーのために開いたパーティー会場にジョーカーが現れバットマンと対決をするが、検事のレイチェル・トーズを人質に取られビルから突き落とされる。それを救出するが、次に狙うのが市長であると暗示されゴードンが命がけで守り犠牲になる。ブルースは、これ以上の犠牲者を出さない為に正体を明かそうとするが、ハービーがバットマンであると発表をする。ジョーカーが現れハービーの乗った輸送隊を攻撃する。しかし、死を装っていたゴードンに逮捕される。バットマンに尋問され、レイチェルとハービーを別々の所に監禁をして爆弾を仕掛けている事を話す。バットマンは、レイチェルを助けに行ったがそこに居たのはハービーであり爆発の影響で顔の半分に火傷を負ってしまう。ジョーカーは、ハービーのレイチェルの死に対する復讐心を操る。ハービーは、コイントスに基づきレイチェルの死に責任のある人物を大量に殺害していく。バットマンは、ジョーカーの居場所を見つけ逮捕するが、切り札はハービーであると明かす。ゴードンとバットマンは、レイチェルが死んだ建物でハービーのコイントスによって自分自身、バットマン、ゴードンの運命を試そうとする。彼は、バットマンを撃ちゴードンの息子を撃とうとするがバットマンにより救出される。しかし、高所から落ちたハービーは死亡する。ハービーの行動が公になればゴッサムの市民は希望を失うので、その罪をバットマンが背負う。