3月のライオン / March Comes in Like a Lion

ktorpedo11さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
3月のライオン / March Comes in Like a Lion
8

高校生プロ将棋棋士の物語

高校生の将棋棋士のお話であるが、メインは将棋ではなく主人公の人間関係である。
物語序盤は人と接するのが不得意だった主人公の桐山零であったが、ライバルであり仲間でもある将棋棋士の人たち、友達がいなく孤立していた零と接してくれる林田先生、そして近所に住む川本家の三姉妹、など様々な人たちとの出会いで徐々に人と積極的に接していく主人公の姿がみえる。
回によっては主人公以外の登場人物に焦点を当てた物語も展開され、特に川本ひなたの中学校でのいじめ問題は見逃せないものがあった。いじめの標的にされ苦しい思いをしながらも、負けないで必死に頑張るひなたの姿は涙モノである。いじめられていた幼馴染の子をかばった故に、次のいじめの標的にされたひなただが、「私のやったことは間違えていない、後悔などしない」と強く誓うシーンは人間としての強さを感じられてた。

この作品の魅力は登場人物それぞれの人間のしての強さを感じることができること、人間関係の大切さがわかるところにあるであろう。また、アニメーション制作はシャフトが請け負っており、作画は綺麗だがところどころシャフトらしいクセのある表現がされている。第二期の後半のop映像はとても綺麗で歌とマッチしておりそこだけでも見る価値があるであろう。