キングダム / KINGDOM

KEさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
キングダム / KINGDOM
10

不朽の歴史大河マンガ

このマンガは、秦の始皇帝が中国を統一していく過程で、下僕だった少年『信』が大将軍に上り詰めるまでを描くものです。

親友だった少年の死をきっかけに、後の始皇帝となる嬴政(えいせい)と知り合って一蓮托生の仲間となり、そこから多くの戦を通して百人長、千人将、二千人将、五千人将と出世をしていきます。
このマンガの見所のひとつが、史実にもある大きな戦と、その中での主人公・信の活躍です。
最初は一介の歩兵から始まりますが、大きな戦に参加する度に敵将の首級を挙げ、都で嬴政から報償を贈られ次々と出世していきます。

また、その戦の中で多くの仲間たちとも出会います。
中でも河了貂(かりょうてん)と羌瘣(きょうかい)という可愛らしい二人の女性との絡みは微笑ましく、見ていてニヤニヤしてしまいます。
河了貂は嬴政と知り合った最初の戦いで一緒に仲間になります。
最初は小さい男の子風のキャラだったのが実は女性であることが後に明らかになるのですが、信がそれに気づかずに弟のような扱いで「男同士」として振る舞い、素っ裸で河了貂の前に出るなど、ハチャメチャなエピソードが笑えます。
羌瘣は暗殺者集団の一人だったのですが、信と一緒に戦う中で次第に信に惹かれていき、最後は「信の子どもを産む」宣言まで飛び出します。
しかし実は子作りの方法を知らないままでの宣言で、「強い男と力を合わせてどっかの山に登って何かを炸裂させたら子どもを授かる」というちょっと天然な知識を披露してくれます。
そんな微笑ましい三角関係の中、信たちは中国統一に向け新しい戦いへ向かっていきます。

信自身も魅力的なキャラクターで、ちょっとおバカですが天性の戦闘に対する嗅覚と、仲間を率いるカリスマ性、そしてどんな相手でも最後には勝つという勝負強さで誰もが将器を認めてしまいます。
たまにおマヌケな一面を見せ、部下たちからもツッコミを入れられ、それでもひとたび戦になれば大殊勲を挙げ、先達の大将軍達からは後を託され、君主である嬴政からは頼みの綱として頼られます。

今年の春には映画化もされます。
まだまだ天下統一までの道のりは長く、信の成長と出世はこれからも続きます。
ぜひ今からでも読み始め、スカッと活躍する信の物語を楽しんでください。