マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL

guuro9696さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
6

ヒットは当然

キムタクの勝負をかけた映画として話題になっていた映画です。
見事に大ヒットですが、内容としてもヒットは当然という感じ。作家性とか意外性みたいなものはあまりありませんが、とにかく飽きさせない展開で2時間以上あるはずなのに、まったくダレたところがありませんでした。

キムタクは刑事で、潜入捜査としてホテルマンになりすます役柄なわけですが、さすがはみだし気味の正義の味方的な役柄がよく似合います。原作の設定の30代とかけ離れてる点が懸念されていましたが、割と抑えめに演じていたせいか、年齢面からの違和感はあまり感じませんでした。
相方とはなるホテルウーマンの長澤さんは、個人的には苦手な女優さんの方なんですが、こういった真面目でキリッとした役が非常に似合っていて、こんな感じの役柄で他の作品も見てみたいなと思ってしまいます。その他、小日向文世さんや梶原善さんなど手堅い脇役の方ががっちりと脇を固めていて安心してみることができました。
そして、犯人役として大いに作品に貢献したのが松たか子さんです。基本的にキャストに大物がいると大体犯人役はこの人だとわかるものなんですが、マスカレード・ホテルは主役級大集合という触れ込みで多数の役者さんがキャスティングされているということで、松たか子さんの印象はだいぶ薄れていたせいか、意外性は結構あったと思います。
考えてみるとそこまで主演級の方が多かったか?というとちょっと疑問が出てきます。松たか子さんの印象を弱くするための戦略だったのか?と思わないでもないですね。松たか子さんのシーンは緊迫感が他のシーンと比べても高いのでスリルを感じられると思います。