キングダム / KINGDOM

siva61さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
キングダム / KINGDOM
10

キングダムの戦闘シーン

キングダムは孤児であった信が李信として将軍になるお話ですが、春秋戦国時代の歴史を元に虚々実々を交えて展開される物語は見るものを圧倒します。
特に戦闘シーンは見ごたえがあり、大部隊同士の衝突や攻城戦は迫力があります。
将軍同士の一騎打ちも人とは思えないほどの大打撃を繰り広げています。
特に汗明と蒙武の一騎打ちは大迫力で、超重量級の砕棒を持ってドゴッドゴッと鈍く重い音を立て、一発貰ったら頭蓋骨が陥没してしまいそうなほどの殴り合いです。
そんな中で私が好きなのは桓騎の戦い方です。
戦い方の一つに敵兵に変装し、敵陣に潜入して敵将を討つのですが、そのトリックに手が込んでいます。
函谷関の戦いではまず煙幕を立てて超大型井闌車(せいらんしゃ)から騎馬を降ろして魏の小部隊を撃破。その部隊から甲冑を盗んで変装。おまけに旗を奪って敵大部隊を横断。
そして守りが若干薄い韓の総大将成恢がいる本陣を狙って急襲!
成恢はさすがは総大将だけあって対処は上手いのですが、桓騎と共に降りた張唐が息を吹き返して成恢を討ちます。
最後は武力勝負でしたが、春秋戦国時代のものとは思えない発想で戦いを組み立てる桓騎はすごいです。
その後は李牧に敗れてしまいますが、どう李牧が上回ってくるのか楽しみです。