SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン

Shirouさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
SLAM DUNK / スラムダンク / スラダン
9

バスケ漫画の金字塔

「SLAMDUNK」を読んだ人は多いと思いますが、読者はどんな感想を持ったのでしょう。
この漫画の魅力の一つは、やはり登場人物の個性ではないでしょうか。特に湘北高校の5人のバスケ部員の人気が高いと思います。主人公の桜木花道は、バカキャラのヤンキーだがポテンシャル抜群。流川楓は、クールで無表情の美男子だが負けず嫌い。赤木剛憲は、ごつくて真面目なキャプテンだが弄られキャラ。宮城リョータは、ヤンチャだが明るいムードメーカー。三井寿は、元長髪で一時期は道を外れたが男気のある実力者。それ以外の部員も、それぞれしっかりとしたキャラ設定がされており、メガネ君こと木暮公延は、真面目で温厚な性格で物語の重要な役割を担っています。
部員以外の関係者も個性的で、赤木の妹の晴子は、兄と全く似ていない美少女。晴子は流川に恋するが、流川は我関せずで、桜木からの気持ちには気づいていない天然キャラです。顧問の安西先生は白髪頭に太った体型で優しい印象の監督ですが、桜木にアゴをタプタプされて弄られたり、以前はスパルタ指導者だったという過去があります。マネージャーの彩子さんはセクシーなキャラで、リョータが恋心を抱いています。他校のプレーヤーも個性派揃いで、熱心な読者であれば好きな登場人物も何人かいるのではないでしょうか。