マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL

euon16さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
マスカレード・ホテル / MASQUERADE HOTEL
7

ひきつけられる映画

「マスカレード・ホテル」とは東野圭吾が描いたサスペンスストーリーであり、2019年1月19日に木村拓哉、長澤まさみのW主演によって映画化された作品です。
半年前に原作を読んでいたこともあり非常に楽しみにしていた映画の一つでした。そのこともありロードショウを初日に一人で見に行きました。映画の中で章が変わるごとにホテルの玄関を映し毎回決まったBGMを流すなど東野映画の象徴ともいえるシーンが随所に見られました。有名俳優によって繰り広げられるシーンの数々によって映画に引き込まれ内容が自分の中に入ってきました。
私がこの作品をお勧めする理由として挙げられるのは、木村拓哉演じる「新田刑事」の人柄が原作通りに再現されていることです。事件を解決する事しか考えられないそのまっすぐな姿勢が周りの人を巻き込み魅了する、そんな人柄に心を打たれ感動させられるシーンが随所に見られました。私はその人柄に注目してこの映画を見たもらえると楽しめると思えます。東野圭吾作品の中でも面白い作品になっています。映画では表現されていない描写が原作にはあるのでぜひ原作も読んでみてください。映画の最後に「マスカレード・ナイト」を予告させるシーンがあったのでこうご期待です。