スキマスイッチ / Sukima Switch

inuyamanekotaroさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
スキマスイッチ / Sukima Switch
8

いつもとなりに

「全力少年」「奏」「ボクノート」上記の三曲のうち一曲は絶対に聞き覚えがあると思います。CMやドラマ、アニメなどのタイアップも多く、ヒット曲を生み出しているスキマスイッチですが、アルバム曲にこそ名曲が多いです。

初めて出会ったのは15年ほど前のことでしたが、今でもずっと隣で鳴っている音楽がスキマスイッチです。ちょっぴり背伸びしたり、照れくさかったり、落ち込んだり、懐かしくなったり、いろんな感情をスキマの音楽と共有してきました。
メロディアスな曲調に、音域の広い伸びやかな声、自在にイントロを奏でるピアノ。何と表現するのが適切かは分かりませんが、不思議に身体に浸透してくる音楽をくれるのが大橋卓哉、常田真太郎の二人です。二人とも愛知県出身で、なれそめ(笑)に関しては「ナユタとフカシギ」というアルバムの一曲目「双星プロローグ」を聴くと早いです。大橋さんは常田さんに良い印象を抱いていませんでしたが、常田さんの熱烈なラブコールに応えた形でスタートしたスキマスイッチ。
気になるグループ名の由来は、常田さんの住んでいた借家で話し合いをしている際に、目についたものを言っていこう、ということになり。電気の「スイッチ」隙間風が多かったので「スキマ」、「スイッチスキマ」よりも、「スキマスイッチ」だろう、ということらしいです。
ファンからの目線だと二人はとても仲が良い、というタイプではないように見えます。好きな音楽も少し違ったり、書く歌詞にそれぞれの特徴が現れたり。でも二人に漂う空気感が変わらず、良い意味で「ふつう」なので、私たちに響いてくる。変にひねっていない、恰好つけていない。けれど奇妙に体内に潜り込んでくる、そんな感覚があります。
いつでも私のとなりに流れているスキマスイッチの音楽が、これからも私の人生のとなりにあるとうれしい、そう思います。あとはPVの解説が面白いので、気になる方はぜひ「別冊スキマスイッチ」というDVDを見て下さい(笑)若いころの田中圭さんも出演されています!