連合艦隊

kiriyamamiuさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
連合艦隊
9

「我が海軍は永遠に不滅なり」

確か「8.15」シリーズの1本として撮られた映画で、1981年の作品ですね。俳優の「中井貴一」さんのデビュー作としても有名でございますね。映画の始まりは、「小林桂樹」(故)が演じる「連合艦隊司令長官 山本五十六」らが「日独伊三国同盟」の場面から始まり、日米関係がこじれ始め、いよいよ昭和16年12月8日「ニイタカヤマノボレ」の暗号電文を皮切りに、南雲機動部隊の旗艦「赤城」以下の5隻の空母からハワイに向けて攻撃隊が発進してアメリカとの無謀な戦争へと突入してしまい、ミッドウェー海戦(空母「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」の主力空母を喪失)、ガダルカナル島撤退、山本五十六の死、レイテ沖海戦、天一号作戦にて戦艦「大和」沈没までを、「丹波哲郎」(故)「鶴田浩二」(故)「三橋達也」(故)「古手川裕子」「高橋幸次」等豪華キャスティングで贈るこの映画はとても素晴らしい映画ですね。キャスティングだけでもお腹いっぱいですし、ベテラン俳優陣も「流石!」の演技力えす。そして、太平洋戦争の流れがよく分からない方でも、映画の作風が「パノラマ」的に描かれている作品なので、すぐに理解できると思います。これほど分かりやすい映画はないでしょう。主題歌を歌う「谷村新司」の「群青」も涙を誘います。是非一度DVDを購入して見てみてください。