STEINS;GATE / シュタインズ・ゲート / シュタゲ

Saya05さんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
STEINS;GATE / シュタインズ・ゲート / シュタゲ
10

タイトルなし

アニメSteins;gate ~シュタインズゲート~(通称:シュタゲ)は2011年4月から9月にかけてテレビで放送されタイムトラベル系の作品である。
主人公である岡部倫太郎(別名:鳳凰院凶真)や、その仲間たちがタイムマシーンを作成し、数々のタイムリープを繰り返していくうちにタイムパラドックスが生じて、岡部倫太郎の幼馴染である”椎名まゆりが死ぬ”という世界にたどり着いてしまう。そこで岡部倫太郎は紆余曲折を経て世界線の変化を観測出来る「リーディング・シュタイナー」という能力(自称)が備わっていることに気づき、タイムマシーンを用い椎名まゆりを救おうと奔走するようになる。
この作品で僕が一番すごい!と思ったのが、ところどころある伏線が全て回収されて、鑑賞し終わった後の”スッキリ感”が半端なかったです。特に1話の伏線と最終話での回収が一番ビビッときました。登場人物も皆個性的で、キャラの感情がよく描かれていたと思いました。
シュタゲはゲームも発売されており、アニメも続編である「Steins;gate 0」が放送され、劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴも上映されました、興味あると思った方々ぜひシュタゲを一度見てはいかがでしょうか。