おおきく振りかぶって / おお振り / Big Windup!

raspberryさんのレビュー・評価・感想

レビューを書く
おおきく振りかぶって / おお振り / Big Windup!
10

野球部が舞台の青春物語

気弱な主人公・三橋廉は入学した西浦高校で野球部に入ります。中学校時代も彼は野球部で、投手をしていたのですが、彼の祖父がその中学校を経営していたため、贔屓で投手をやっていると本人もまわりもそう思っていました。早い話がいじめられていたのです。だから高校で投手経験者だと名乗り出ることにさえ彼は怯えていました。しかし西浦高校の監督である百枝まりあは彼の遅い球の長所をズバッと見抜いたのです。同じくバッテリーを組むことになったキャッチャーの阿部隆也くんも三橋廉の才能に気がつきます。なんと三橋廉は自分なりに的を9分割して練習をしており、指定したところ目掛けて投げることが出来るのです。ただ、暗い中学校時代の自分から脱皮できずに、常にオドオドしています。そして三橋廉が通っていた三星学園の高等部との練習試合が組まれたときにとある事件が起きます。なんと中学校時代の野球部メンバーで、三橋廉とバッテリーを組んでいた男子が意地の悪いことを言ってきて、あまりのトラウマから三橋廉は試合から逃げ出そうとしたのです。しかし、百枝監督の助言の元、阿部くんが三橋廉を落ち着かせることに成功します。2人の絆が、メンバー同士の絆が深まっていくたびに心がなごみます。